イメージ

5月のおすすめ花鉢

さわやかな風が心地よく感じられる季節になってきましたね。
お庭やベランダでガーデニングを楽しみませんか?
こちらのページでは鉢花の育て方をご紹介しております。

カーネーション

カーネーション
(ナデシコ科・多年草)

水やりと肥料 土が乾いてきたらたっぷりと水を与えましょう。
鉢底から水が流れ出るくらい与えてください。乾燥には比較的
強いですが、発蕾期、伸長期には水分を多く必要とします。
肥料は夏の高温期を除いて、定期的に施します。
緩効性化成肥料の置き肥なら月に1回、
液体肥料の場合は月に3回くらいが目安です。
置き場所 日当たりと風通しの良い場所がよく、乾燥した気候を好みます。
蒸れや病気に弱いので、高温多湿や長雨には注意しましょう。
雨が続くときは軒下などの雨よけできるところが適しています。
また、日照不足は蕾が開かずにしぼんでしまいがちです。
寒さに耐えられますが、冬は強い寒風に直接当てないように注意。
その他 花がらはこまめに摘みましょう。
毎年、秋に涼しくなったら、一回り大きな鉢に植え替えます。
根詰まりは、蕾の不開花や下葉の枯れ上がりの原因になるので、
根鉢をくずして新しい用土で植え直しをします。
クレマチス

クレマチス
(キンポウゲ科・多年草)

水やりと肥料 鉢植えは、土の表面が乾いたら鉢底から出るまでたっぷり水やりを。
特に夏は乾きやすいので、1日に2回水やりが必要になることも。
鉢植えでも地植えでも、蕾の時期から開花中は、
多くの水を欲しがるので、水切れは厳禁です。
早春~晩秋は、定期的に肥料を施して株を充実させます。
緩効性肥料を真夏を除いて1~2か月に1回、
液体肥料を月2~3回を目安に施します。
なお、植えつけ時には、元肥を施しておきましょう。
また、冬に寒肥を施しておくと、春の新芽の生育がよくなります。
置き場所 日光を好むので、半日以上よく日が当たる場所で育てるのが理想的。
半日陰でも明るさがあれば、やや花つきが悪くなりますが、
花を楽しむことはできます。
また、置き場の風通しがよいことも大切ですが、
向きによって風当たりが強くなることがあるので、注意しましょう。
その他 真夏を除き、1年中植えつけ、植え替えができますが、
休眠中の12月~2月中旬ごろが、最も適します。
植え替えは、剪定を兼ねた花後に行うのがおすすめです。
根を切られるのを嫌うので、根鉢をていねいに取り扱いましょう。
また移植も嫌うので庭植えにする際は、植え場所をよく考えて。
庭植えでも鉢植えでも、植えつけの際は、つるを1~2節分、
土中に埋めて深植えするのが基本です。
クチナシ

クチナシ
(アカネ科・常緑低木)

水やりと肥料 乾燥すると枯れてしまうので乾いたらたっぷりと水やりをします。
夏は特に日差しには気を付けて水は多めに与えましょう。
肥料は2月と8月に1度ずつ化成肥料と油かすを等量混ぜたものを
株元に与えましょう。
夏が過ぎて追肥すると枝だけが成長し、花芽ができないので
夏以降は与えないようにしましょう。
置き場所 日当たりの良い場所を好みますが、ある程度の日陰にも耐えます。
暑さには耐えますが、西日などの直射日光が当たりすぎる場所は、
乾燥しやすくなるので避けましょう。
寒さに弱いので、冬はあまり冷たい風や霜に当たらない場所へ。
その他 雨上がりと真夜中に最も強い香りを放つと言われるクチナシ。
花が咲き終わった7月~8月には剪定を行います。
剪定をすることで風通しと日当たりが良くなり、健やかに育ちます。
植えつけの適期は春なら4~5月、秋なら9月いっぱいです。
暑い時期や寒い時期は避けて暖かい時期に植えつけましょう。
ラベンダー

ラベンダー
(シソ科・常緑低木)

水やりと肥料 土が乾いたらたっぷりとあげましょう。
高温多湿を嫌うので、水のやりすぎに注意しましょう。
肥料は控えめに。夏の高温時に肥料をあげすぎると株が弱ります。
植えつけ時に元肥として緩効性肥料を用土に混ぜ込み、
その後は開花、収穫後にお礼肥を施します。
置き場所 日当たりが良く、風通しと排水性の良い場所で育てます。
暑さに弱く、乾燥を好む種類は梅雨の長雨で弱ることもあるので、
雨にあたりっぱなしにならないように注意が必要です。
その他 ラベンダーの花が咲いたら、そのまま飾って楽しんだり、
切り取ってドライフラワーとして楽しめます。
収穫するなら5月下旬〜7月上旬の間に行いましょう。
放っておくとどんどん茎を伸ばして混み合ってくるので、
適度に茎を剪定して、通気性を確保する必要があります。
根元から5cmほどを目安に茎を切ってあげてください。
ブーゲンビリア

ブーゲンビリア
(オシロイバナ科・熱帯性低木)

水やりと肥料 水をたっぷり与えてしまうと葉ばかり茂って花が咲きません。
新しい枝が伸び始めた時期は乾燥気味に管理すると、
つぼみがよくつきます。 水やり同様、肥料も控えめにすると
花つきがよくなります。開花後、お礼肥として
1ヵ月程度効果の続く置き肥をします。
置き場所 日光が必須です。日差しが少ないと花がつかないだけでなく、
葉を落としてしまいます。ただし、夏場に購入したものを
いきなり直射日光に当てると葉焼けしてしまうので、
最初の1週間程度は半日陰で管理しましょう。
その他 春と秋が開花時期です。咲き終わった花がらはまめに摘みましょう。
夏場は風通しのよい場所で管理すれば夏越しできます。
ブーゲンビリアは南国原産のため、寒さには弱い植物です。
秋の開花後、株全体を三分の一程度に切り戻して
冬場は室内の日当たりのよい部屋で管理しましょう。
もともとは常緑の植物ですが、
冬場に環境があわないと葉を落とすことがあります。
1年に1回、春に植え替えをしましょう。
ペチュニア

ペチュニア
(ナス科・一年草)

水やりと肥料 土が乾いたら、鉢底から水が流れるくらいたっぷりと与えましょう。
できるだけ花に水がかからないように水やりをしましょう。
ペチュニアは真夏の花なので、水を切らさないように注意。
開花期が長く半年以上咲き続けるので、肥料の追肥が必要です。
液体肥料を1~2週間に1度、緩効性の置き肥を1か月に1度。
あくまで目安なので、使用している肥料の説明書きに
書いてある頻度や量で追肥してみましょう。
置き場所 日当たりと風通しの良い所で育てましょう。
梅雨時期など長雨が続く時期に株が生い茂った状態だと、
株が蒸れてカビが発生したり腐って枯れてしまうことがあるので、
なるべく風通しを良くし、枝をすいたり短くカットしましょう。
その他 開花期間が3月~11月と、長いので初心者にもおすすめです。
ペチュニアは現地では多年草ですが、
寒さの弱いため日本では一年草扱いとなります。
日本は特にペチュニアの品種改良が盛んで、
最先端の研究が現在もされているまさにペチュニア大国です。
ガーデニングブームの火付け役となったサフィニアも
ペチュニアの仲間で、日本人が品種改良した品種です。

トップページへ